なかなか他人には話せない「すそわきが」

夏場は特に気になりますよね。すそわきが

私は中学生の頃に他人の匂いが気になってから自分の匂いも気にするようになりました。夏はブルマに近い短パンをはいて体育をしていたんですが、隣に座っていた女の子から、ツンとしたおしっこのようななんともいえない刺激臭がしたのです。

あまりにも衝撃で、その女の子を二度見も三度見もしてしまったことを覚えています。かわいい顔の子だったのでなおさら衝撃でした。

腋臭のように自分で気づいてない人も多いんでしょうね。

自分の匂いが、手入れをしているにもかかわらず、臭いかもと思ったのは20歳を超えてからだと思います。

komaru

他人のにおいに敏感なのでこまめにトイレに行ったり、シャワーをあびたりそれなりに気をつけていたつもりでした。トイレの際、モワッとしたあの独特のにおいが鼻についてショックでした。特に月のものの時は最悪ですよね。蒸れるわかぶれるわで、余計に異臭を放っている気がします。

そこで私はケミカルの市販のナプキンから、布のナプキンに変更してだいぶ軽減したんですが、やはりすそわきがからは開放されず。一番困ったのは妊娠中です。(現在もなんですが)

どうしてもおりものが増えるので、うっかりおりものシートをつけないでじかにパンツをはくと、パンツまで浸透してズボンも湿ってきます。(汚い話ですみません。)この間友達とご飯に行ったのですが、食べ終わってまったりしていた時、座敷だったので三角座りをしていました。

すると服を着ているにもかかわらず匂いがふっと漂った気がしました。そうなると談笑にも集中できずです。脇のデオドラントシートみたいに、ニオイシートも開発してもらいたいと願う日々です。

SNSでもご購読できます。