常に臭うような気がする私のまんこ

生理の始まり、または直前は臭う。血の鉄分くさいのと、甘ったるいような臭いと、もう一つ何かが混じっているような臭いなのだがそれが何なのか自分でもよく分からない。しかし特有のいつものあのまんこの臭さだというのは分かる。

例え専用のシートを使っていても臭いんじゃないかと心配になるほどである。

特に男性に対しては。まんこ臭ってないよね?と気になる。

年齢 まんこ臭い

年を取ってからますます臭うような気がする。すでに加齢臭も混じっているのかっ。悲しくなる。

皆、こんなにまんこが臭うのかな?聞いてみたい。でも憚られる話なのでなかなか機会がない。自分がくさい思いをするのは仕方ない。しかし事、異性がくさがっているんじゃないかと心配になる。そんなに若くもないが、やはり人を不快にさせることはなるべくしないで生きてきた人生なので気になる。

実際はどうなのだろう?服の上からでもまんこって臭うの?聞けやしないこんなこと!酸の濃度が強いのかしら私は。強いと臭いも激しいらしいけど、それって体が酸性ってこと?違うか・・どうなんだろう。

若い娘ならともかく、なんでこんな中年のオバチャンが悩まなければならないことなのか。やはり悲しい。オバチャンが一生懸命まんこのにおいの対策をしている光景も・・また情けなく悲しい。

しかしそれはエチケットだから!と自分に言い聞かせて対策を練ってみる。毎日清潔にして、まんこの通気性をいくらかでもよくする。Tバックをはけとかそういうことじゃない。

ナイロンがちがちの下着やシルクは控えようということかしら。シルクの下着は持ったことがないから通気性がどうなのか分からないが、あのツヤツヤ感は空気が通りにくそうに思える。やはりここは、オバチャンらしくコットン100%でしょう!コットンであってもやはり臭いが気になるのだが。

生理が終ると、すぐにおりものが出てきてそれもまた臭う。変な話、まんこから何も出ていない時間などないのではないかというくらい、何かが分泌されている。年を取ってからおりものも多くなった。甘い独特なにおいである。下着だけ付けていられる人が不思議でたまらない!うらやましい限りである。

まだまだこれからもまんこの臭いと闘ってゆかねばならぬ。

人気の記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ